長野のFPさん向けに「量から質へ新しいライフプランの考え方」セミナー

先日、長野でのFPさん向けにセミナーでお話しさせていただきました。長野にはご縁があって数年おきにお邪魔させていただいており、何回目かのFPさんもいらっしゃいます。

今回のテーマは

「量から質へのお金との付き合い方 

新しいライフプランニングの考え方です。

そこで、まずお伺いしてみました。

「最近、お客様が変わってきたなぁと思うことはありませんか?」

そこで手があがったのが
「お客様が幸せのために行動しているなという点が変わってきた。少し前は損得勘定で動いていたところが多かったのですが・・・」

 

まさにシンクロでした!ビックリしました。

決して打ち合わせをしていたわけではないのですが(笑)、
私が言おうと思っていたことをそのまま代弁してくださり、脱帽でした。さすがですね。

◎確かに、今までは・・・・
□損はしたくないけどお金は殖やしたい
□みんながいくら貯めているか気になる
□お金は使っちゃダメ、貯めないといけない
□少しでも安いものを選びたい
□老後が不安だから節約をして貯める
□利回りが高い金融商品を教えて
□資産価値が減らないものがいい
□住宅ローンは少しでも金利が低いものがいい
□ランキングが上位のものがいい
□とにかく節税したい
といった声がとても多かったのですが、

◎最近は・・・
□自分を成長させるお金の使い方を学びたい
□どんな変化があっても対応できる生活力をつけたい
□自分自身の損得勘定を手放す勇気が欲しい。キリがないから。
□仕事以外でも人間関係を構築できるためのお金の使い方やお金の習慣を知りたい
□貯めることよりも信用・人格をあげる使い方を身に付けたい
□恋愛やパートナーと同じように、独占欲や所有欲を手放して経済的に豊かになりたい
といった声が増えています。

こうたって書き出すと改めてすごい時代になっていると感じます。
お客様のステージが上がってるんですよね。
これは、金融商品の比較や目安の計算などの域を超えて、私たちFPもステージをあげさせられている状態だと思います。

今回、いままでの心理学の変遷、行動分析学、そして最近流行りのアドラー心理学なども、盛り込みながら、FPの役目として、お客様の幸せへのお手伝いをしっかりするために、どうアプローチしていく方法があるのか?などをお伝えしました。

皆さんの御関心の強さ、これからの活動の真剣さをまざまざと感じたしだいです。

有難うございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る