学習塾で「100万円あったらゲーム」を開催!塾での次なる指導へつながっています

先日、関東の学習塾で、「100万円あったらゲーム」(マネーバランスゲーム)を開催させていただきました。

小学校5年生から大学生までが約20名ほど集まり、約2時間!

最初は緊張していた様子でしたが、トランプのカードを引いて、実際に計算し始めると、どんどん盛り上がってきます!

「10%増えるって?」「10%割引で買えると?」
「銀行の預金ってそうだったのかー!」
「1%の複利って?

「国債は安全だよね。」
「株式って?」
「円安になると?外貨預金はどう計算できる?」
などなど(笑)

マネーゲームの風景1

マネーゲームの風景1

このゲームは、何名様の参加でも、どこでも、紙とペンとトランプカードがあれば、実践することができるので、大きな準備は不要で、直前まで、学習塾の経営者さんや生徒さんたちと交流しておりました。

 

このゲームには勝ち負けはありません。その代わり、
「自分の優先順位をどこに持っていきたいか?」を再確認することができます。
自分の普段の意識を振り返り、「使う」「あげる」「貯める」「殖やす」「守る」などのお金の機能を整理して、どのように配分していくと自分らしいバランスがとれていくのかを体感するゲームです。

100万円あったらゲーム

100万円あったらゲーム

今回の生徒さんの姿をみて、ふと私が感じたことを以下のように伝えさせていただきました。
「塾に通っているみんなのお父さんお母さんは、みんなの才能がどんどん開花するように、こんなすてきな学びの環境を与えてくれています!それは、お父さんお母さんがお仕事で稼いできたお金をみんなのために使ったり、更にはみんなの将来のために貯めたり増やしたりしてくれているおかげです。なので、今日、家に帰ったら、まず、お父さんお母さんに『自分のためにお金を使ってくれて、投資してくれて有難う!』って言ってみてくださいね。」

素直な生徒さん、塾の先生とも信頼関係が厚い生徒さんを見ていて、改めて親の子への投資を感じたしだいです。

◎生徒さんから以下のような感想や質問をいただきました

・お金ってなくても生きていけるもの?お金って何?って興味をもった。
・保険って結構大事だと思った(多数)。
・銀行の仕組みがわかってよかった。
・株って、結構変動があると思った。
・今度100万円をもらったら、全部株につぎ込まないで、ちゃんと分けようと思った。(全部つぎ込んでは危ないとわかった)
・株主優待に興味を持った。
・算数が苦手だったけど、1割とか5%とか計算って大事と思った
・臨時収入ならもっと寄付する

☆塾の先生からは
・複利の効果ってすごいですね。お金のことを学ぶ機会が子どもたちにも少なかったので、貴重でした。
・すばらしい内容を有難うございます。これをきっかけに、日々の授業の中でも、このワークショップでつかんだきっかけを次につなげることが大切だ、という話になりました。 早速、お金をもっと哲学的に考えたり、日常生活の中で考えたり、または、数学の時間に計算してみたり、などなど、次からの授業につながげられると思います。1回のイベントに終わらせず、次につなげたいと思います。引き続き、よろしくお願いします。

とのお言葉をいただきました。

本当にありがとうございます。とっても楽しく、充実したお時間を有難うございました。

このゲームは中学生くらいから新社会人などまで、ワイワイと楽しめるものです。
出張でも、広尾のオフィスでもどこでもできますので、ご用命がありましたら、お気軽にどうそ!

<ご参考>お金の学びに最適!どこでも一斉にできるマネーゲームの将来はこちらもどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る